プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

ぎっくり腰 治し方と今すぐできる食事療法と治療 【配電盤のブレーカーを低電流で落とし命を守る】

ぎっくり腰が起こる原因とは

ぎっくり腰がなぜ起こるか知っていますか? 

病院にいくと多くは骨に原因があると診断されます。しかし、

骨に原因があるぎっくり腰はほとんどありません。

実は内臓の弱りに原因があるのです。

 

易と鍼灸医学を融合させた【わたしの針灸医学で】解説します。

肝臓と腎臓の弱りが原因

動けなくなるほどの強い痛みがいきなりきますから、急性病のように思ってしまいがち

ですが、実は慢性病です。「ぎくっ」とくる何日も前から、痛みが出てきているので

す。

 

例えば、草取りの際に立ち上がろうとすると、腰に痛みが出て、すぐには伸ばせなくな

る等の症状が前兆です。

これは体を動かす作業が原因なのではありません。

肝臓、腎臓に無理が重なり、それらの働きが大きく低下し、このような症状が出てきます。

鍼灸医学で考えると

・肝(肝臓)は筋(筋肉)を養う

・腎(腎臓)は腰を守る

 

と言います。肝、腎の働きが低下すると腰が痛くなるのです。

筋肉は肝の陽気で収縮し力を出します。しかし陽気がいくら強くても、それを保持

できるだけの肝、腎陰気の支えが無ければ筋力を出すことが出来ないのです。

 

陰気が大きく低下すると、低電流でブレーカーが落ちてしまうようなことが起きるので

す。

ぎっくり腰は、人間である宿主を強制的に動けなくし、休養させて肝、腎と命を守ろ

うとするのです。これがぎっくり腰なのです。

 

ぎっくり腰の予防と早い治し方

4つの改善法があります。

 

① 脂質の摂取量を減らし、肝臓への負担を減らす

 

肝臓は脂質を消化する胆汁を合成しています。

従って脂質の摂取を減らすと肝臓の負担が減り、回復が早くなります。

特に下記のような食べ物の摂取量を減らすのがポイントです。

 

<脂質を多く含む食品>

 

肉類、揚げ物(てんぷら、フライ、油揚げ、がんもどき、さつま揚げ)マヨネー  ズ、ドレッシング、菓子パン、洋菓子、チョコレート、ナッツ類、ゴマ、

 

② 酸味の過剰摂取を避ける

 

酸味の過剰摂取は肝臓の働きを悪くします。

 

<酸を多く含む食品>

 かんきつ類(みかん、レモン、グレープフルーツ等)、お酢

 

③ 精神的なストレスを減らし、十分な休養をとる

 

筋肉疲労を回復させることで肝臓の働きが良くなります(肝は筋を養う)

 

④ 塩分とタンパク質の過剰摂取を避け、腎臓への負担を減らす

 

腎臓がタンパク質を消化する過程で発生する老廃物(尿素窒素とクレアチニンが減

り、腎臓の働きが良くなります。

 

特に下記のような食べ物の摂取量を減らすのがポイントです。

 

<タンパク質を多く含む食品> 

肉類、豆類(特に大豆製品)

 

ぎっくり腰は慢性化し、弱った肝臓、腎臓の影響がその他の慢性病に波及する場合があ

ります。

十分な注意が必要です。