プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

<精神>って、腎臓と心臓のことなのですよ!

はじめに

鍼灸医学は、一般に、難解であると受け止められています。なぜなら、

主張するほとんどのことが、現代科学で証明出来ないからです。

基本である、ツボや経絡の存在すらも証明出来ていません。

 

世界には、目に見える世界と、目に見えない世界の二つがあります。

目に見える世界より、目に見えない世界の方が、はるかに広大無辺です。

 

目に見える全ての現象は、目に見えない世界で、<何かが始まった>のが原因です。

人に見えている現象は、その原因によって起こった結果なのです。

 

現代科学は、可視(数字、映像)化出来ないものは、<科学的に証明できない>という理由で認めません。

 

目に見えない世界に目がいかないという、現代科学の悲しいまでの幼児性と独善性>がここにあります。

残念かつ不幸なことです。 

 

<精神>という言葉は、日常的に大変よく使われる言葉です。

<精神と肉体>と言うように、対にして使われる場合も多くあります。

 

<精神>はエネルギーです。容易に目に見えません。

<肉体>は物質です。簡単に目に見えます。

この真反対の二つが一体となり、人が出来上がります。 

 

物質である<肉体>は目に見えますから、分かり易いです。

字も<肉>と<体>という分かり易い字からから成り立っています。

 

エネルギーである<精神>は、直接、目に見えないだけに、分かりにくいです。

 <精>と<神>という難しそうな字から成り立っています。従って、

なおさら分かりにくいのです。しかし、

 

それによって発露される現象は目に見えます。従って、

直接、目に見えない<精神>であっても、それを、うかがい知ることは出来るのです。

 

 <精神>という言葉の、由来と意味については さまざまな解釈がなされています。

しかし、

なるほど納得!と思われるようなもは、なかなか見当たりませんりません。なぜなら、

 

<精神>という言葉が針灸医学に由来していることを、鍼灸医学を志す一部の人間以

外、知らないからなのです。 

 

鍼灸医学では五臓(肝、心、膵、肺、腎)は夫々、五精(魂、神、意智 、魄、精志)を貯

蔵しているとします。

内臓と<精神>が密接な関係にあるとしているのです。

 

現代科学に基づく、西洋医学一色に塗りつぶされた現代では、鍼灸医学が表に現れるということはありません。

 

易と鍼灸医学を融合させた【私の鍼灸医学】で<精神>という言葉の由来意味について解説します。

 

鍼灸医学生理、病理を理解すると、腎臓心臓が、人が生きる上で、いかに大切な働をしているのか分かってきます。

 

腎臓は精を、心臓は神を貯蔵している 

  

鍼灸医学では、 五臓(肝、心、膵、肺、腎)は 月(にくづき)に蔵と書くように、臓の中に大切な何かを貯蔵しているとします。

 

腎は<精>を蔵すといいます。腎臓は<精>を貯蔵しているとするのです。 

 

心は<神>を蔵すといいます。心臓は<神>を貯蔵しているとするのです。 

 

つまり、<精神>という言葉は、腎臓と心臓が、その中に貯蔵している、<精>と<神>を組み合わせて出来た言葉なのです。

 

 

 論とは 

 

とは易の基本思想の一つで、人間の生理、病理を理解する上で大変有用です。

全ての物に正反対の性質を持ったが有ります。は互いに引き合い調和しよ

うとします。一方、

陰と陰陽と陽は互いに反発しあい調和しようとしません。

磁石のS極とǸ極をイメージすると分かり易いです。同じ極は反発しあい、異なる極は

引き合うのと一緒です。

 

<精神>は、<肉体>は陽 

 

目に見えない<精神>、目に見える<肉体>です。

<精神>と、<肉体>調和して一体となり、人が出来上がります。

 

腎精が<精神>と<肉体>と<エネルギー>のおおもと 

 

両親から頂いた先天の腎精と、飲食物と大気から作り出される後天の腎精の二つが合わさり、腎精が形成されます。

腎精<精神>肉体>と<エネルギー>のおおもとになります。

 

 ◆腎精からが生まれ更に、

 

から腎陰陰と腎が生まれ。腎から腎と腎陽陽が生まれる。

  

それぞれの働きを下記します。

 

陰陰

 

物質である<肉体>を形成します。

陰陰が少なくなると痩せていきます。

糖尿病が典型的な病気です。

栄養分が腎臓から漏れ出てしまうのです。

 

 

<精神>、<肉体>を安定、沈静化する<エネルギー>です。

副交感神経を活性化します。

が不足すると<精神>、<肉体>が不安定になり、沈静化しなくなります。

躁病やパニック障害が典型的な病気です。

 

 

<精神>、<肉体>を活性化する<エネルギー>です。

交感神経を活性化します。

が不足すると<精神>、<肉体>が不活発になります。

うつ病が典型的な病気です。 

 

陽陽

 

<肉体>を活動させる<エネルギー>です。飲食物が燃焼して出すカロリーです。

不足すれば血糖値が下がり、活力が低下してしまいます。

外出するのもおっくうになり、家で静かにしているのを好むようになります。 

 

 ◆神>は腎精より生み出され、人の<精神>と<肉体>と<エネルギー>を統括(コントロール)する。

 

心臓に貯蔵する<神>は腎精より生み出されます。そして<精神><肉体><エネルギー>を以下のように統括します。

 

 ・神>は脳を通じて<精神>全体を統括(コントロール)する。

 

<神>は脳を通じて思惟、意識、五精(魂、意智、魄、精志など)をコントロールしています。従って、

 

<神>不足すると、<精神>を上手くコントロール出来なくなります。

 

<神>極端に不足すると、<精神>コントロール不能となり、として機能しな

なってしまいます。

 

 五精については以下のブログを参照願います。

 

shinkyu-igaku.hatenablog.com

 

 

 ・<神>は脳を通じて五感を統括(コントロール)する

 

<神>は脳を通じて五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)をコントロールしています。

 

<神>不足すると、五感上手くコントロール出来なくなります。

 

<神>極端に不足すると、五感コントロール不能となり、人として機能しなくなってしまいます。

 

<神>は脳を通じて肉体を統括(コントロール)する。

 

<神>は脳を通じて、肉体(動作、運動,ふるまい、態度、しぐさ、など)をコントロールしています。 

 

<神>不足すると、肉体上手くコントロール出来なくなります。

 

<神>が極端に不足すると、肉体コントロール不能となり、人として機能しなくなってしまいます。

 

<神><精神><肉体>エネルギー>統括(コントロールして生命活動営む

 

腎精から<神>が生まれ心臓に貯蔵されます。

腎精から<精神><肉体><エネルギー>が生み出され、

 <神><精神><肉体>エネルギー統括(コントロールして生命活動を営むというのが、灸医学の生理観です。

 

 あとがき 

 

<神><精神><肉体>エネルギー>統括(コントロールして生命活動を営む

 

腎精から<神>が生まれ心臓に貯蔵されます。

腎精から<精神><肉体><エネルギー>三つが生み出され、

 <神><精神><肉体>エネルギー統括(コントロールして生命活動を営むというのが、灸医学の生理観です。

 

それほどまでに、腎臓の<精>心臓の<神>の働きは大きいのです。 

 

 西洋医学の生理観、病理観とは、あまりにも大きな違いがあります。

 

精神疾患を肉体とは切り離し、精神科やメンタルクリニックなどで診るという西洋医学の今の在り方は、ほとんど無意味と言ってよいでしょう。 

 

責任のある医療関係者で、<精神>という言葉の本当の由来や意味を知っている人が、果たして、どれだけいることでしょう。

 

西洋医学と、どの様に関わっていったらよいのか、よくよく考えなければならないのです。

 

 西洋医学は、精神疾患だけでなく、他の様々な病気も含め、慢性病を上手く治す事が出来ません。

 

 詳しくは、下記ブログを参照して頂くと、より分かり易いです。

 

 

shinkyu-igaku.hatenablog.com