プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

<パニック障害>でお困りのあなたに その原因とメカニズム、予防法、食事法を解説します。

はじめに 

 パニック障害は、動悸、息苦しさ、めまい、不安、恐怖などの「パニック発作」が突然襲ってくる病気です。恐怖のあまり、救急車を呼んでしまう場合もあります。

 

 パニック発作を何回か経験すると、「また発作を起こすのではないか」という不安や、恐怖にとらわれてしまい、仕事や外出に支障を来すようになります。

 

 西洋医学では、パニック障害を、<精神>の病気としています。精神と肉体を別々のものとして切り離し、脳の働きに問題があるとし、<精神科やメンタルクリニック>などで治療しています。 

 

 西洋医学では「脳の不安と恐怖に関わる神経回路が興奮状態になってしまう」のが原因であるとして薬物治療を行います。神経回路が興奮状態になってしまうのは、「脳の神経伝達物質の過不足に問題があるのだ」とするのです。

 

 しかし、本当の原因が 分かって治療するわけではありませんから、症状を軽くするだけの、対症療法でしかありません。従って、パニック障害を根本的に治す事は出来ないのです。長期に渡って薬物治療を続けると、副作用の心配も出てきます。

 
 鍼灸医学では、精神と肉体を別々に切り離して考えることはしません。精神と肉体(特に 腎臓、心臓 )が調和して、一体となっているとするので。

 

 易の鍼灸医学を融合させた【私の鍼灸医学】パニック障害のメカニズムを解説します。

 

精神と肉体 ( 腎臓、心臓 )は一体となっていて、切り離すことが出来ないこと、又、

腎臓と心臓の弱りがパニック障害>の原因であることを解説します。予防法、食事法も分かってきます。 

 

論とは 

 

 陰とは易の基本思想の一つで、人間の生理、病理を理解する上で大変有用です。全ての物に正反対の性質を持ったが有ります。は互いに引き合い調和しようとします。

 一方、は互いに反発しあい調和しようとしません。磁石のS極とǸ極をイメージすると分かり易いです。同じ極は反発しあい、異なる極は引き合うのと一緒です。

 

鍼灸医学基本的生理、病理は下記の如くです。

 

精神という言葉の由来

 

鍼灸医学では

「腎は精を蔵す」といいます。腎臓はを貯蔵しているとするのです。 又、心は神を蔵す」といいます。心臓はを貯蔵しているとするのです。 

 

  つまり、精神という言葉は、腎臓と心臓が、その中に貯蔵しているを組み合わせて出来た言葉なのです。

  

精神肉体 、この二つは、一体不可分。

 

 目に見えない精神目に見える肉体です。

精神と、肉体調和して一体となり、人が出来上がります。

 

腎臓気持ちとの間には密接な関係があります。

 

◆腎臓が弱ると不安感、恐怖感が強くなる。

 

パニック障害の根本には、強い不安感と恐怖感があります。

腎臓の弱りと不安感、恐怖感とは密接な関係があるのです。

 

◆腎臓が弱ると気持ちが後ろ向きになり不安感、恐怖感が強くなる。

 

 過去に経験した不幸な事、 (<パニック発作>を起こした)恐ろしい事などの、思い出したくない嫌な事>が、次々と心に浮かんで来て、その思いに執着してしまい、前向きな気持ちになれなくなります。

 

◆腎臓の働きが健全だと気持ちが明るく、前向きになる。

 

 腎臓の働きが健全だと、自然と、明るく、前向きになります。過去の 思い出したくない嫌な事>は、自然と、心に浮かんで来なくなります。

 

腎精、精神、肉体、エネルギーの基本的生理、病理は下記の如くです

 

腎精人の精神、肉体、エネルギーおおもと 

 

 腎臓にある、両親から頂いた先天の腎精と、飲食物と大気から作り出される後天の腎精の二つが合わさり、人の精神、肉体、エネルギーのおおもととなります。

 

 ◆腎精からが生まれ。更に、から陰陰が生まれ。から陽陽が生まれる。

  

 それぞれの働きを下記します。

 

陰陰

 

 物質である肉体を形成します。陰陰が少なくなると痩せていきます。栄養分が腎臓から漏れ出てしまうのです。 

 

 

  精神、肉体を安定、沈静化するエネルギーです。副交感神経を活性化します。が不足すると精神が不安定になり、沈静化しなくなります。が極端に不足すると精神がコントロール不能となります。 

 

パニック障害を起こした時はが極端に不足した状態になっています。 

 

 

  精神、肉体を活性化するエネルギーです。交感神経を活性化します。が不足すると精神、肉体が不活発になります。 

 

陽陽

 

  肉体を活動させるエネルギーです。飲食物が燃焼して出すカロリーです。不足すれば血糖値が下がり、活力が低下してしまいます。外出するのもおっくうになり、家で静かにしているのを好むようになります。 

 

心臓と腎臓の基本的生理、病理は下記の如くです。

 

◆心臓にも二つのエネルギーがある。

 

・心は心臓を過熱しないよう涼しくしているエネルギーです。から供給されます。

 

・心は心臓を活性化するエネルギーです。から供給されます。

 

腎臓、心臓、肺の基本的生理、病理は下記の如くです。

 

が減少するとも減少し、心臓が過熱する。

 

 心が減少すると、心臓ののバランスが崩れ心臓が過熱してきます。脈が速くなり、動悸がして気持ちが落ち着かなくなります。

 

が減少すると呼吸が苦しくなる。

 

 腎は納気を司るとします。肺で酸素を取り込むのはの働きです。酸素と炭酸ガスの交換が上手くいかなくなるのです。

 

腎精と心神の基本的生理、病理は下記の如くです 

 

 ◆腎精より生み出され、人の精神、肉体、エネルギー統括(コントロール)する。これらが三位一体となり生命活動を営む

  

 ・神が不足すると、精神、肉体、エネルギーを上手くコントロール出来なくなります。

 

  腎精が減少すると減少します。すると、心臓ののバランスが崩れ、心亢進します。受納、貯蔵するエネルギーはです。従って、心臓がを十分貯蔵出来なくなるのです。

 

 神が極端に不足すると、精神、肉体、エネルギーをコントロール出来なくなり、人として機能しなくなってしまいます。

 

パニック障害 を起こす時は極端に不足した状態になっているのです。 

 

 

以下、パニック障害の症状の発生メカニズムを【私の鍼灸医学】で解説します。

 

◆ が減少すると、心臓がを十分貯蔵出来なくなります。すると、精神、肉体、エネルギー上手くコントロール出来なくなるのです。これがパニック発作なのです

 

下記のような症状が出ます。 

 

・また発作を起こすのではないかと、悩み、不安と恐怖がつのる。

 

・動悸、心拍増加、発汗、振るえ、胸痛、息切れ、息苦しさ、窒息感 吐き気、目まい、ふらつき、離人症(自分が自分でないような感じ)などが起こる。

 

・不安と恐怖で、電車、バス、エレベーターなどのに乗れなくなる。高速道路に乗り入れられない 美容室、理容室、人込み、公園などに行けなくなる。

 

 自分が自分でないような感じになり、救急車を呼んでしまうような事もあります。

 

パニック発作過剰を発散して、心臓ののバランスを取り、命を守ろうとする働きがある。

 

 <パニック発作数分から一時間以内には、殆ど収まります。発作を起こすことによって、過剰なを発散し、心臓ののバランスを取り戻しを守ろうとしているのです。

 

あとがき

 

 腎精から神、精神、肉体、エネルギーの三つが生み出され、が精神、肉体、エネルギーを統括(コントロール)して生命活動を営みます。これが鍼灸医学の生理観です。

 

  が極端に不足し、精神、肉体、エネルギーをコントロール出来なくなった時パニック障害の発作が起こるのです。

 

  それほどまでに、腎精の働きは大きいのです。  西洋医学の生理観、病理観とは、あまりにも大きな違いがあります。

 

 精神疾患を肉体とは切り離し、<精神科やメンタルクリニックなどで脳の薬物治療をするという西洋医学の今の在り方は、ほとんど無意味なのです。  

 

パニック障害を改善する為に、心がけると良いことを下記します。

 

パニック障害は脳の病気ではなく内臓、特に腎臓心臓の病気であることを良く認識する。

 

・西洋医学の薬物治療では根本的に良くならないことを良く認識する

 

 薬の飲み方については、下記ブログを参照して頂くと、より分かり易いです。

 

 

shinkyu-igaku.hatenablog.com

 

・気持ちを切り替え、心配し過ぎず、出来るだけ平常心を保つように心がける。

 

・腎臓、心臓の働きを良くする為、仕事も含め、日常生活を見直し、改善する。

 

・ストレス、過労、睡眠不足に注意する。

 

適度な運動をするように心がける。

 

飲食の注意は特に大事です。それらを下記します。

 

・肉類の過剰摂取

・脂肪を多く含む食品の過剰摂取

・タンパク質を多く含む食品(肉、魚、チーズ、豆類など)の過剰摂取

・体質、季節に合った野菜を十分摂取する

・塩分の過剰摂取

・過食しない

・間食は出来るだけ避ける。

 

  精神と腎臓、心臓の関係については、下記ブログを参照して頂くと、より分かり易

いです。

 

shinkyu-igaku.hatenablog.com