プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

人の<命>の<誕生>と<終焉>と<継承>のメカニズムを易の陰陽論で解説します

はじめに 

 易のに基づけば、世界は真反対性質を持ったの二つに分けられます。目に見えないの世界>と目に見えるの世界>す。の世界>エネルギーの世界です。の世界>とは物質の世界です。 

 

 人は生きています。生きているということは<命>によって生かされているということです。物質だけでは<命>を生み出すことは出来ません。物質生きるエネルギー融合、一体化することによってのみ<命>を生み出すことが出来るのです。

 

の世界>に属するエネルギーです。人の<命>を生み出す元になるエネルギーです。の世界><物質>の世界>エネルギーであるが融合、一体化することによって<命>を持った人が誕生し、生きることが出来るのです。

 

 易のを用いて<人 誕生から終焉を迎えるまでのメカニズムと<人継承>のメカニズムについて解説します。自分がどのようにして誕生したのか、そして亡くなった後どうなるのか?という難解なテーマに対して一つの答えを見出すことができます。

 

論とは 

 

  陰とは易の基本思想の一つで、人間の生理、病理を理解する上で大変有用です。全ての物に正反対の性質を持ったがあります。全ての物は、を調和させることによって成り立っています。は互いに引き合い調和しようとします。

 一方、は互いに反発しあい調和しようとしません。磁石のS極とǸ極をイメージすると分かり易いです。同じ極は反発しあい、異なる極は引き合うのと一緒です。

 

世界は真反対性質を持った目に見えない<の世界>目に見える<の世界>二つから成り立つ。

 

 の世界>と<の世界>が対を成します。

 

の世界>無限、<の世界>有限。

 

エネルギーの世界は無限、物質の世界は有限です。

 

物質エネルギー真反対の性質を持っている。

 

物質>と<エネルギーが対を成します。 

 

以下、<人 誕生から終焉を迎えるまでメカニズムを解説します。

 

にもがある。

 

女は男に対して、男は女に対してです。

 

卵子

 

 女から卵子が生まれます。卵子球形です。の典型です(女極まって(卵子)を生ず>と言う、易の基本思想の典型です。卵子は基本的には物質ですからです 。従って、<卵子なのです。

 

 ◆精子陰陰

 

 男から精子が生まれます。精子は細長い形状です。典型です。(男極まって(精子生ず>と言う、易の基本思想の典型です。精子は基本的には物質ですからです。従って、精子陰陰なのです。

 

 ◆にもがある。

 

陽陽があります。

 

◆<卵子親和性があり融合、一体化し、卵子<命>が宿る。

 

 <卵子です。従ってと親和性が有ります。これらが融合、一体化すると、卵子<命>が宿るのです。

 

 卵子一個に一つの が融合、一体化します。これを卵子と呼ぶこととします。 

 

陽陽精子親和性があり融合、一体化し、精子<命>が宿る。

 

 <精子陰陰です。従って、<陽陽と親和性があります。

これらが融合、一体化すると、精子<命>が宿るのです。これを精子と呼ぶこととします。 

 

 精子の数単位です。しかも、一個として同じ精子は無く、全て異なります。それぞれの精子に融合、一体化する 精子も全て異なり、億単位の数になります。

 

 億単位の精子が既に、体と融合、一体化しているのです。

 

<命>の宿った卵子精子融合、一体化胎児<命>が宿る。 

 

  陽卵子、陰陰精子親和性があります。卵子一番良く調和する(相性の良い)精子数億精子の中から選ばれ、融合、一体化し、胎児<命>が宿るのです。これが受胎です。受胎時卵子>、<精子が一体化した霊を受胎霊と呼ぶこととします。 

 

 ◆を呼ぶ

 

 肉体の成長に従って、も成長していきます。受胎霊から始まり、の種類と、エネルギーの量も増加していきます。

 

<善い受胎霊<善いを呼び、<悪い受胎霊<悪いを呼ぶ。 

 

 <受胎霊は思いを実践してくれそうなを選びます。従って、<善い受胎霊<善いを呼び、<悪い受胎霊<悪いを呼びます。 

 

 

善行を積めば、<善いが集まり、<善いエネルギーが増加し 、悪行を積めば、<悪いが集まり、<悪いエネルギーが増加する。

 

 努力する、勉強する、節制する、周りの人のた為に尽くす、などの善行を積めば、<善い集まり<善いエネルギーが増加します。

 

 怠ける、不摂生な生活をする、利己的に生きる、悪事を働く、などの 、悪行を積めば、<悪いが集まり、<悪いエネルギーが増加します。

 

<善い集まり<善いエネルギー増加すれば、運勢上り幸せ人生になる。 

 

  運勢が昇れば、健康になり、仕事も上手くいき、周囲に善い人が集まり、幸せな人生になります。

 

◆ <悪い集まり<悪いエネルギー増加すれば、運勢が降り、不幸な人生になる。

 

 運勢降ると、病気をしたり、 仕事に失敗したり、周囲に悪い人が集まり、不幸な人生になります。

 

肉体衰えと共に、減少していき、余った<他の人移行し、融合一体化していく。

 

 衰えた肉体に必要な分だけのを残し、余ったは他移行し、融合、一体化していきます。

 

 ◆<善い善行を積む<善い人>選び、<悪い悪行を積む<悪い人>選ぶ

 

思い実践してくれそうなを選びます。 善かれ悪しかれふさわしい人を選んで移行していくのです。

 

亡くなると共に肉体から完全離れ他の人移行し、融合、一体化する。

 

のみでは存在出来ません。肉体と不可分です。融合、一体化する肉体をいつも必要とします。

 

◆<自然死>をした場合は移行スムーズに行われる。

 

 肉体の衰えに合わせて、にスムースに移行し、融合、一体化していきます。

 

急な<不自然死>をした場合は移行スムーズに行われない。

 

 事故死、突然死、急死、自殺などの急な<不自然死>をした場合は、移行スムーズに行われません。他の肉体に移行できなかった残りのの世界>さまよった後、次第に消滅していきます。お世話になったにご恩返しする為にも自然死>することが望ましいのです。

 

以下、の 継承>メカニズムについて解説します。

 

自分がどのようにして誕生したのか、そして亡くなった後どうなるのか?という難解なテーマに対して答えを見出すには、の 継承>メカニズムを理解する必要があります。更に、で解説します。

 

無限拡散有限に凝集

 

この二つがを成します。

 

◆全ての物は無限に拡散有限に凝集を繰り返す。

 

 陰まってまってこれも 易の基本思想の一つです。永遠に無限に拡散有限に凝集の二つを繰り返すのです。

 

自分無限に拡散した無数ご先祖様から有限に凝集した極まった存在。

 

 仮に、一世代25年として、ご先祖様の数を算出すると、下記のようになります。26世代 (650年)前の世代の人だけでも一億人を超えてしまいます。自分のご先祖様の総数は、全ての世代の人数の総和になりますから、楽に二億人を超えます。従って、ご先祖様総数無限と言ってい良いのです。つまり、無限に拡散した無数のご先祖様から有限に凝集まった存自分と言ことなのです。もまた同じです。

        

  さかのぼる     ご先祖様の

世代数      年数              人数

  0       0歳          2

  1  25年前         4人

  2     50年前                      8人

  3     75年前                    16人

  4   100年前                    32人

  5   125年前                    64人

  6   150年前                  128人

  7   175年前                  256人

  8   200年前                  512人

  9   225年前               1,024人

10   250年前               2,048人

11   275年前               4,096人

12   300年前               8,196人

13   325年前             16,392人

14   350年前             32,784人

15   375年前             65,568人

16   400年前           131,136人

17   425年前           262,272人

18   450年前           524,544人

19   475年前        1,049,088人

20   500年前        2,098,176人

21   525年前        4,196,352人

22   550年前        8,392,704人

23   575年前      16,785,408人

24   600年前      33,570,816人

25   625年前      67,141,632人

26   650年前    134,283,264人

 

有限に凝集>した自分無数子孫無限に拡散していく存在

 

 ご先祖様の場合と同じ条件で考えれば、将来の子孫の数も、ご先祖様の場合と同じように、まさしく、無限と言って良いのです。つまり、有限に凝集した自分は、いずれ、無数の子孫無限に拡散していく存在なのです。もまた同じです。

 

精子無限に拡散し、卵子有限に凝集する

 

 無数の精子卵子に向かって無限に拡散し、迎える卵子は一個有限に凝集します。無数の無数精子無限に拡散し、一個の一個の卵子有限に凝集するのです。

 

有限に凝集受精卵となり、受精卵無限に拡散となり、これを繰り返す。

 

 人霊のエネルギー有限に凝集し受精卵を生み、無限に拡散し人となるのです。そして、これを繰り返す永遠の存在なのです。

 

あとがき 

 

 無限の世界のエネルギーであると有限の世界の物質が、融合、一体化し、無限の拡散有限の凝集繰り返すことによって、の<命><誕生>し、<終焉>を迎え<継承>されていくのです。

 

 肉体は<終焉>迎えても、卵子受胎霊により新たな<命><誕生><継承>されていきます。

 

 無限に拡散した無数のご先祖様から有限に凝集したのが自分であり、その自分がやがて、無数の子孫に無限に拡散し、これを繰り返すのです。

 

 <無限に拡散することにより混沌が生まれ、それが有限に凝集して秩序となります。<人><命><誕生>し、人生を全うし、やがて<終焉>を迎える、それが秩序なのです。

 

 そして、無限に拡散 混沌に、戻っていきます。混沌の状態からのみ正解が導かれるのです。これを永遠に繰り返すことによって<命><継承>されていくのです。これが易の基本思想であり、自然の摂理なのです。

 

 人為とは全く無縁な、この繰り返しが、いつまでも続くことを祈らざるを得ません。