プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

<子宮筋腫>の発生メカニズムを易の陰陽論で解説します 原因と改善法が分かります。 

はじめに
子宮筋腫とは、子宮の筋肉(平滑筋)が増殖して出来る良性の腫瘍で、月経のある女性の四人に一人は出来ると言われています。悪性腫瘍に変化する事はほとんど無く、症状の深刻度、治療の内容や時期も、人それぞれに異なります。放置すると次第に成長する傾向があり、生理不順不妊の原因になります。
 

子宮筋腫は、初潮前の女性に出来ることはありません。また、閉経すると、大半の筋腫は収縮してしまいます。女性ホルモン増加する妊娠中は大きくなり、女性ホルモンの分泌を抑える薬を服用すると収縮します。従って、女性ホルモンが原因ではないかと言われていますが、動物実験で女性ホルモンを大量に、長期間投与しても、子宮筋腫出来無いので、詳しい原因は不明とされています。 

 

子宮筋腫には下記のように、いくつかの<何故?>が有ります。

 <筋肉に腫瘍が出来るのは 何故?

筋腫が球形になるのは 何故?

筋腫の中の細胞が渦巻き状になるのは 何故?

<過多月経になるのは 何故?

女性ホルモンの分泌量が増えると筋腫が、より大きくなるのは 何故?> 

女性ホルモンの分泌量が減少したり、閉経すると筋腫が小さくなるのは 何故?

女性ホルモンを投与しても、動物には筋腫ができないのは 何故?

筋腫があると妊娠(受精卵が着床)しにくいのは 何故?

 

子宮筋腫>の発生メカニズムが分かると、これらの<何故?>も容易に理解することが可能になります。易の論と鍼灸医学を融合させた【私の鍼灸医学】で 子宮筋腫発生メカニズムを解説します。子宮筋腫の原因が、肝臓腎臓の弱りにあること、またその改善法が分かります 。

 

◆<子宮筋腫種類症状

<粘膜下筋腫>

子宮の内側を覆う子宮内膜の下の筋肉に出来る筋腫で、子宮の内側に向かって大きく成長していきます。発生頻度は5~10%と低い筋腫ですが、大きさは小さくても、症状重くなり易い特徴があります。不正出血、過多月経、強い月経痛、貧血、動悸、息切れを起こします。不妊流産の原因にもなり、手術を要する場合もあります。 

 

<筋層内筋腫>

子宮内膜の外側にある子宮筋層に出来る筋腫で<子宮筋腫>の70%と、一番多く見られる筋腫です。小さいときはほとんど無症状ですが、大きくなるにつれて、子宮が腫れ変形します。子宮が強く収縮する時に下腹部痛や腰痛が出たり、過多月経、頻尿、便秘などを起こすことが有ります。出来る場所や大きさによっては不妊や流産の原因にもなります。 

 

 <漿膜下(しょうまくか)筋腫>

子宮の外側を覆う漿膜に出来る筋腫で子宮の外側に向かって大きくなります。 無症状の場合が多く、過多月経を起こすことも少ないのが特徴です。大きくなると茎部で捻じれる茎捻転を起こす場合があります。

 

 ◆子宮筋腫西洋医学的治療

症状があまり出ない場合は、大きさ、症状を見ながら経過観察になります。

 

ホルモン剤を使った薬物療法では、完治するということがありません。骨密度の低下更年期症状が出るという副作用があったり、治療を中止すると、筋腫の大きさが元に戻ってしまったりしてしまうのです。従って、最近は、手術で筋腫を切除する前に、一時的に小さくするために使われる程度になっています。

 

筋腫が増殖し、症状も悪化した場合は子宮全摘術筋腫核出術が行われます。子宮全摘術となると、妊娠を希望する女性にとっては大変難しい判断を迫られることになります。 

 

について簡単に紹介します。

論とは 

 とは易の基本思想の一つで、人間の生理、病理を理解する上で大変有用です。全ての物に正反対の性質を持ったがあります。全ての物は、調和させることによって成り立っています。は互いに引き合い調和しようとします。

一方、陰と陰陽と陽は互いに反発しあい調和しようとしません。磁石のS極とǸ極をイメージすると分かり易いです。同じ極反発しあい、異なる極引き合うのと一緒です。

 

人が生きる根本になる腎精について簡単に解説します。

 

 ◆腎精が<精神>と<肉体>と<エネルギー>のおおもと 

 

鍼灸医学では、<腎臓は精を蔵す>と言います。腎臓の中に蓄えているとするのです。それを腎精と呼びます。両親から頂いた先天の腎精と、飲食物と大気から作り出される後天の腎精の二つが合わさって腎精が形成されます。

その腎精<精神><肉体><エネルギー>おおもとになるのです。

 

 人が生きる根本になる二つのエネルギーについて簡単に解説します。

 

エネルギーがある

 腎臓が蓄えている腎精から、エネルギーと、エネルギー二つ生まれます。

 

は、冷却する、める、膨張する、む、びる、取り込む、物質(細胞など)生み出す副交感神経活性化する、などの性質があります。

 

は、加熱する、活発にする、収縮する、む、排出する、交感神経を活性化する、などの性質があります。

 

五臓六腑、腎から供給されるで働く

 

例えば、肝臓はから供給されるから供給されるで働くのです。

 

肝臓、腎臓生理、病理について簡単に解説します。 

 

筋肉病気肝臓原因

 

鍼灸医学では<肝臓が筋肉を養う>とします。筋腫筋肉腫瘍です。従って、子宮筋腫原因の一つ肝臓にあるとするのです

 

 ◆腎臓弱ると、減少する。

 

腎臓弱るが減少します。すると、から供給される減少します。

 

肝臓弱る減少し、肝血の温度が上昇する。 

 

鍼灸医学では肝臓は血液の貯蔵タンクとします。大量血液(肝血と呼びます)貯蔵します。活動温度は約42度C高温です。肝臓が弱る減少し、亢進します。すると肝臓が過熱し、肝血温度上昇します。

 

肝臓腎臓の弱りが進行すると、高温になった肝血全身に供給される。 

 

肝臓腎臓の弱り進行すると、更に減少し、肝血の温度が更に上昇高温になります。そして高温になった肝血全身供給されます。

 

高温になった肝血によって子宮加熱され減少し、気過剰温度上昇となる。

 

子宮は大量の血液を必要とします。従って、その影響を強く受けます。高温になった肝血によって子宮加熱され減少し、気過剰温度上昇となります。

          

子宮減少すると受精卵着床困難になる。 

 

受精卵です。子宮調和する事によって子宮に着床します。従って、子宮減少すると受精卵着床困難になります。 

 

子宮減少すると、受精卵が着床しても発育不全流産し易くなる。

 

胎児発育させるのも子宮です。従って、子宮減少すると、受精卵がなんとか着床したとしても発育不全流産し易くなるのです。

 

子宮健全な(バランスを取り戻す)状態にする為、子宮筋腫を作り、過剰筋腫取り込み、封じ込める。

 

受精卵の着床、胎児の発育、出産のためには、子宮過剰を取り除き、が良く働くようにしなければなりません。子宮のバランスを取り、健全な状態に戻す必要があります。その為、止むを得ず子宮筋腫を作り、過剰筋腫取り込み、封じ込めようとするのです。

 

以上が子宮筋腫発生メカニズムです。 

 

以下、子宮筋腫いくつかの<何故?>について解説します。これらの <何故?>が分かると子宮筋腫本質をより良く理解することが出来ます。

 

<筋肉に腫瘍が出来るのは 何故?

 

鍼灸医学では<肝臓が筋肉を養う>とします。従って、肝臓弱りがあるので筋腫が出来るのです。

 

筋腫が球形になるのは 何故?

 

 物は中に強いを取り込むと球形になります。子宮筋腫は子宮の筋肉の過剰を、中に取り込み、封じ込める為、充満しています。従って、球形になるのです。

 

筋腫の中の細胞が渦巻き状になるのは 何故?

 

 渦はエネルギーの働きを活性化します。台風が良い例です。低気圧の強力なを作り、中心の目に高気圧取り込み、封じ込めようとするのです。子宮の筋肉の過剰を、強力に中に取り込み、封じ込める為、子宮筋腫は筋腫の中の細胞巻き状するのです。

 

<過多月経になるのは 何故?

 

出血を抜く強力な (最後の)手段です。筋腫の中に取り込めなかった過剰な出血して出すのです。過多月経になるのは気過剰の為す。

 

女性ホルモンの分泌量が増えると筋腫が、より大きくなるのは 何故?> 

 

 女性ホルモンの分泌量が増える子宮はそのままで、温度だけ上昇し、気過剰となります。過剰中に取り込み、封じ込めようとするので、筋腫は、より大きくなるのです。

 

女性ホルモンの分泌量が減少したり、閉経すると筋腫が小さくなるのは 何故?

 

女性ホルモンの分泌量が減少したり、閉経すると子宮はそのままで、温度が下降し、過剰な減少します。従って、筋腫小さくなるのです。

 

女性ホルモンを投与しても、動物には筋腫ができないのは 何故?

 

実験用の動物は肝臓、腎臓の働きが健全です。子宮十分ありますから、女性ホルモンを投与しても過剰なが発生しません。従って、筋腫ができないのです。

 

筋腫があると妊娠(受精卵が着床)しにくいのは 何故?

 

受精卵です。子宮調和する事によって子宮着床できるのです。筋腫があると言うことは、子宮減少しているということです。従って、妊娠(受精卵が着床)しにくのです。 

 

あとがき 

子宮筋腫が出来てしまう体質改善には、肝臓、腎臓の働きを良くして子宮を増やさなければなりません。

  

日常生活で注意すると良い事を下記します。 

 

・ストレス、過労、睡眠不足に注意する。

適度な運動をするように心がける。 

 

飲食の注意は特に大事です。それらを下記します 

肉類を摂り過ぎない

タンパク質を摂り過ぎない

脂肪を摂り過ぎない(マヨネーズ、チーズ、ナッツ類なども注意)

体質、季節に合った野菜を十分摂取する

食物繊維を含む食品を十分摂取する

五味(酸、苦、甘、辛、鹹)を摂り過ぎない

過食しない

間食を出来るだけ控える(洋菓子、スナック菓子、菓子パンなどは特に注意)

アルコールを控える