プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

<男女共同参画社会の危険な落とし穴!>男女の本分を易の陰陽論で解説します

はじめに

 男女共同参画社会基本法が制定され、男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受し、かつ共に責任を担うべき社会」の実現が叫ばれています。これを一言で言えば、男女の差別を無くし、「それぞれが一人の人間として能力を発揮できる機会を確保し、社会を活性化しよう」と言うことになります。

 男女共同参画社会が実現すると「女性がより輝ける良い社会」になると言われています。しかし、一つの法律を作るだけで世の中が簡単に良くなると言うことはありません。世の中は大変複雑です。光が輝けば必ず影が出来ます。強く輝けば影はより濃くなります。思いがけない弊害が出て来るのです。

 易のによれば、男女は精神も肉体も真逆に出来ています。と言うことは、とりもなおさず男女の本分も真逆になっていると言うことです。真逆な男女が夫々の本分を全うすることにより、相手が持ち合わせていない部分を補いあい、調和して、相乗効果を生むことが出来るのです。

 男女の人権や社会参加を均等にすると、良い事ばかりが起こるとは限りません。どうしても、相手の本分にまで足を踏み込む場合が出て来るのです。そうなると、自分の本分をおろそかにしてしまい勝ちになります。自分の本分以外の領域での活動は、精神的にも肉体的にも無理を伴います。すると、男女共に不本意な結果を招き、調和しなくなり、相乗効果を生むこが出来なくなるのです。

 易の鍼灸医学を融合させた【私の鍼灸医学】で、男女の本分を解説します。真逆になっている男女が、どうすれば相手が持ち合わせていない部分を補いあい、良く調和して、相乗効果を生むことが出来るのか、又、<男女共同参画社会の危険な落とし穴!>がどのようなものなのかも分かってきます。

 

とは 

 陰とは易の基本思想の一で、人間の生理、病理を理解する上で大変有用です。全ての物に正反対の性質を持ったがあります。全ての物は、を調和させることによって成り立っています。は互いに引き合い調和しようとします。一方、は互いに反発しあい調和しようとしません。磁石のS極とǸ極をイメージすると分かり易いです。同じ極は反発しあい、異なる極は引き合うのと一緒です。

 

極まってを生じ極まってを生ず。 

 易の基本思想の一つです。全ては極まるまで進行し、極まると真逆に反転します。例えば、冬の寒さ ( が極まれば反転し夏の暑さ( )に向かい、夏の暑さ ( が極まれば反転し冬の寒さ( に向かうのです。

 

◆中心は陽、求心力があり、一つしか無い。周辺は陰、多数 ( 無数 )で遠心力がある

 

 これも易の基本思想の一つです。全ての物は一つの中心と多数 ( 無数 )の周辺から成り立ちます。多数 ( 無数 )の周辺と一つの中心はの対を成します。中心の求心力と、周辺の多数 ( 無数 )のの遠心力が調和し、全体の秩序を維持しているのです。

 

エネルギーがある。

 のエネルギーは、遠心性を出す。細くびる、細胞を生み出す、冷却する、副交感神経活性化する、安定する、める、などの性質があります。

 のエネルギーは、求心性を出す。収縮する、丸くなる、加熱する、交感神経を活性化する、活発活動などの性質があります。

 

◆物質 (身体)にがある。

 陰の物質 (身体)の物質より柔らかく緩み、の物質 (身体)の物質より硬く、締まります。

 

 女が極まると卵子が生まれ、男が極まると精子が生まれます。男女の本分を良く理解するには、人が誕生する前の状態、つまり、人の始まりである卵子精子の状態までさかのぼって考える必要があります。極まった時、真理がより明白な形で見えてくるのです。男女と卵子精子分析をすると下記のようになります。

 

◆女の身体は、エネルギーは陽   

 女はの身体とエネルギー対を成し、調和します。

の女の身体は柔らかく、ふくよかです。 

の女のエネルギーには求心力が有ります。一家の中心となり、家族を束ねるエネルギーです。祖母には強力な求心力があります。従って、祖母が健在であれば、周りに孫子がこぞって集まってきます。女にはこのエネルギーがあるのです。 

 

◆男の身体は、エネルギーは

男はの身体とエネルギーが対を成し、調和します。

の男の身体は硬く、引き締まります。 

の男のエネルギーは遠心性です。家の外で働き、一家を支えます。遠心性ののエネルギーを持つ祖父には、祖母の様な孫子を集めるエネルギーはありません。

 

◆真逆な男女が対を成し、調和する。

女の身体は、男の身体は、それらが身体の対を成し調和します。又、女のエネルギーは(求心性)男のエネルギーは (遠心性)、それらがエネルギーの対を成し調和します。男は遠心力を発揮し、家の外で働き、女は求心力を発揮し、家にいて家を守ります。男は仕事が終われば、女の求心力に引かれて家に帰り、安心して、落ち着くのです。真逆な男女が夫々の本分を全うすることにより、相手が持ち合わせていない部分を補いあい、調和して、相乗効果を生むことが出来るのです。  

 

卵子の身体はエネルギーは

 女が極まって卵子が生まれます。するとが反転します。従って、卵子の身体は、エネルギーはです。

卵子の身体は強い求心力の為、球形になります。  

卵子エネルギーは細胞を生み出し、遠心性です排卵後、卵管内で受精し、卵管を移動しながら、八分割に細胞分裂桑実胚となって子宮内膜に着床するまで、細胞を生み出しながら、ひたすら遠心性を発揮します。

 受精卵に関しては、下記ブログを参照して頂くと、より分かり易くなります。

 

shinkyu-igaku.hatenablog.com

  体内で起こっていることと、体外で起こることは類似します。受精から子宮内膜卵子が着床するまでが幼児の子育て期間に相当します。母親は主に家の中心にいて、子供を大きく(のエネルギーで細胞を生み出し)育て、必要に応じ、外出(遠心性を発揮)し子供を教育するのです。

 

精子の身体はエネルギーは

 男が極まって精子が生まれす。するとが反転します。従って、精子の身体は、エネルギーはです。

 陰精子の身体は細く長くなります。 のエネルギーを持った精子は、活発活動します。そして、のエネルギーを持った卵子と調和する為、ひたすら卵子に向かい進み、ついには受精します。

 体内で起こっていることと、体外で起こることは類似します。男は遠心力を発揮し、家の外で働き、仕事が終われば、女の求心力に引かれて家に帰り、安心して落ち着きます。それと受精は類似しているのです。男女が本分を全うすることにより、が調和します。すると、相乗効果が生まれ、幸せになるのです。

まとめ

 男女の本分をまとめると以下ようになります。男女共同参画社会の危険な落とし穴!>がどのようなものなのかも分かってきます。

 中心が無いものは存在できません。中心が無ければ周辺も存在できないのです。つまり、中心に座る女のの求心エネルギーと周辺にいる男のの遠心エネルギーが調和することにより、家庭が成り立つのです。

 女は出来るだけ家の中心にいて、求心エネルギーで一家を束ねなければなりません。それが女の本分です。女が家から外に出て活動すると、求心エネルギーが低下します。求心エネルギーの低下が甚だしいと、家庭崩壊につながります。これが<男女共同参画社会の危険な落とし穴!>なのです。

  ( 家で自営する場合は別として)男がの遠心エネルギーで、家の外に出ていき、働いて家を支えるのは、男の本分です。仕事を終えた男が、女の求心エネルギーに引かれ家庭に戻って、安心して落ち着くのも、男女お互いの本分なのです。

あとがき 

 資本主義が限りなく膨張を続けています。資本主義というのエネルギーを持った思想と調和する(上手くコントロール出来る)のエネルギーを持った思想がないのです。膨張を続ける資本主義が生み出す弊害が、様々な形となって社会に現れてきています。その為、男女の本分を全うすることが、とても難しい時代になりました。そこに<男女共同参画社会の危険な落とし穴!>があるのです。

 人には様々な本分があります。それを良くわきまえ、全うすることが出来れば、相手が持ち合わせていない部分を補いあい、調和して、相乗効果を生むことが出来ます。本ブログを理解するのに役立ちそうな話を、幾つか下記することにします。 

 昔は、「父親がだめでも母親がしっかりしていれば、子供はちゃんと育つ」と言ったものです。周辺の存在である父親が、たとえだめな男でも、中心の存在である母親がしっかりしていれば、子供はちゃんと育ったのです。この短い言葉の中にも、母親の果たす役割の大きさが良く現れています。

 太平洋戦争では多くの兵隊さんが亡くなりました。兵隊さんが亡くなる際に発した言葉は、「天皇陛下、万歳!」か「お母さん!」だったそうです。「お父さん!」と言って亡くなったという話は聞いたことがありません。男の子にとって、母親の存在が如何に大きなものかが分かります。

 妻に先立たれた夫は、夫婦そろっている男に較べ、平均寿命が低下するとの統計結果が出ています。妻の求心エネルギーの存在が無くなると、遠心エネルギーの夫は、自分の立ち位置が定まらず、不安になります。その上、高齢の男同志は、 遠心エネルギーがぶつかり合ってしまい、なかなか友達になれず、孤独になるのです。中心になる妻の存在が如何に大きなものかが分かります。 近年、年上の妻を選ぶ夫が増えました。先々の事を考えると、決して賢明な選択とは言えません。

 夫に先立たれた妻の場合は、それ程困ることはありません。返って、重しが取れて、生き生きとなる妻もいます。女同志は高齢になっても容易にお友達が出来ます。女の求心エネルギーが互いに引き合い、自然とお友達が出来てしまうのです。中心に座る女の強さがここにもあります。

 嫁と姑は永遠に相手を立てることをしません。中心が二つあるわけにはいかないからです。ぶつからないよう、お互い適度な距離を置く以外ありません。それが上手くいくコツです。善いとか悪いとかという次元の問題ではありません。中心は一つですから、しょうがない事なのです。

 認知症のおばあさんの中には「実家に帰る、実家に帰る」と言って家から出ていこうとする人がいます。また、今住んでいる家を実家と間違ったりすることがあります。認知症のおじいさんに、このような人がいると言うことは聞いたことがありません。このことからも、女が家の中心の存在であることが分かります。