<子宮内膜症>でお困りの貴方に その<原因と対策> 易の陰陽論で解説します。

はじめに 子宮内膜は女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きで、増殖、肥厚します。その後、妊娠しなければ、剥離し、月経となって体外に排出されます。<子宮内膜症>は、この子宮内膜が正規の子宮内腔ではなく、骨盤内の腹膜や、卵管、卵巣にも発生してしまい、月経時にそれらの組織の中にも出血してしまうと…