プロの私の鍼灸医学

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロの私の鍼灸医学

毎日の生活に役立つ鍼灸医学の紹介

<男女共同参画社会の危険な落とし穴!>男女の本分を易の陰陽論で解説します

はじめに 男女共同参画社会基本法が制定され、「男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受し、かつ共に責任を担うべき社会」の実現が叫ばれています。これを一言で言えば、男女の差別を無くし、「それぞれが一人の人間として能力を発揮できる…

<葉緑素が血色素になる!!>鉄欠乏性貧血の原因とメカニズムを易の陰陽論で解説します。

はじめに 血色素とは、赤血球中にある鉄を含んだタンパク質の一種です。人は、肺で空気中の酸素を血色素中に取り込み、身体各部の細胞に運び放出します。酸素を放出した後は、二酸化酸素を取り込み、体の外に運び出します。様々な貧血の中でも、血色素中の鉄…

<青汁が健康に良いって本当??>その<危険な落とし穴>について解説します。

こはじめに サプリメントがブームになっています。 心身の何処にも異常が無く、健康に生きているという人はそうはいません。多くの人が既に病気にかかっています。まだ病気と宣告されていない人でも、現在感じている体調不良と、将来かかる恐れのある病気に…

<女性の不妊症と不育症>その<原因と対策>を易の陰陽論で解説します。

はじめに <女性の不妊症、不育症(流産、早産)>が急増しています。晩婚化、晩産化の影響も加わり、10組に1組の夫婦が<不妊症、不育症>と言われています。色々な検査しても、特に異常は見つからず、仮に、何か見つけたとしても、それが原因であると特定…

<卵管狭窄と閉塞>のメカニズムを易の陰陽論で解説します。原因と改善法が分かります。

はじめに <卵管狭窄、閉塞>を起こす人が増加しています。<卵管狭窄、閉塞>は不妊症の大きな原因の一つになっています。卵管は子宮の上部から卵巣に向かって伸びる管で、左右に一本ずつ有ります。長さ約10㎝、内径が約1㎜の、内腔がとても狭い管で、先端…

<子宮筋腫>の発生メカニズムを易の陰陽論で解説します 原因と改善法が分かります。 

はじめに <子宮筋腫>とは、子宮の筋肉(平滑筋)が増殖して出来る良性の腫瘍で、月経のある女性の四人に一人は出来ると言われています。悪性腫瘍に変化する事はほとんど無く、症状の深刻度、治療の内容や時期も、人それぞれに異なります。放置すると次第に…

<急増する卵巣嚢腫>その発生メカニズム 易の陰陽論で解説します 原因と改善法が分かります

はじめに 卵巣はクルミ程の大きさの臓器で、太さ約1センチのじん帯で子宮と繋れています。<卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)>とは、卵巣に出来た良性腫瘍で、卵巣に出来る腫瘍全体の8~9割を占める(残りは卵巣がん)と言われています。その<卵巣嚢腫>が特…

<排卵誘発剤を使った不妊治療>の危険な<落とし穴> 易の陰陽論で解説します

はじめに 体外受精で生まれる子供が急増しています。日本産科婦人科学会の集計によれば、2014年に国内の医療機関で実施された体外受精の件数は、393,745件、生まれた子供の数は47,322人と、いずれも過去最多となりました。2014年の総出生数は1,003,500人です…

<子宮内膜症>でお困りの貴方に その<原因と対策> 易の陰陽論で解説します。

はじめに 子宮内膜は女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きで、増殖、肥厚します。その後、妊娠しなければ、剥離し、月経となって体外に排出されます。<子宮内膜症>は、この子宮内膜が正規の子宮内腔ではなく、骨盤内の腹膜や、卵管、卵巣にも…

人の<命>の<誕生>と<終焉>と<継承>のメカニズムを易の陰陽論で解説します

はじめに 易の陰陽論に基づけば、世界は真反対の性質を持ったの二つに分けられます。目に見えない<陰の世界>と目に見える<陽の世界>です。<陰の世界>とは陽の<エネルギー>の世界です。<陽の世界>とは陰の<物質>の世界です。 人は生きています。…

<過敏性腸症候群>でお困りのあなたに、本当の原因とメカニズムを解説します。

はじめに 何らかのストレスがかかった時に、<下痢をするのではないか>という不安と恐怖に襲われにわかに腹痛と下痢を起こしてしまう病気です。同じようなストレスがかかった時に<また、下痢するのではないか>という不安と恐怖に襲われ、また、腹痛と下痢…

高熱が出て、痛くてつらい<急性扁桃(腺)炎>本当の原因を解説します。

はじめに 喉は、体の入り口と言っても良い所です。 扁桃とは、喉の奥の両側にある免疫器官です。 急性扁桃炎とは、喉の奥の両側にある扁桃が赤く腫れて、強い痛みや高熱に悩まさる感染症です。 常在 (体の中に常時生息して、普段は大人しくしているいる)菌…

<過換気症候群>の本当の原因とメカ二ズム、予防法、食事法を解説します。

はじめに 不安や肉体的疲労によって発作的に引き起こされる過呼吸を<過換気症候群>と言います。 過呼吸により、血液中の酸素濃度は上昇、炭酸ガス濃度は低下し、血液がアルカリ性になます。すると、 血管が収縮し、手足や唇がしびれたり、動悸、目まいなど…

失明の危険がある<緑内障>が増加中! 本当の原因は肝臓ですよ。

はじめに <緑内障>が増加中です。進行すると、失明する危険がある病気です。網膜の視神経が委縮してしまい、視野欠損が起こる病気です。ひとたび視神経が委縮してしまうと、二度と元に戻ることはありません。 片方の眼で緑内障が進行しても、残りの眼が普…

<耳は脳の冷却装置>そのメカニズムを解説します。耳の病気の原因が分かります。

はじめに 脳は、人の司令塔です。五臓六腑が健全な、精神、肉体、エネルギーを生み出せるよう脳がコントロールしていす。 一方、脳は、五臓六腑により生み出された精神、肉体、エネルギーによって、養われています。則ち、脳と五臓六腑とは互いに協調しなが…

<パニック障害>でお困りのあなたに その原因とメカニズム、予防法、食事法を解説します。

はじめに パニック障害は、動悸、息苦しさ、めまい、不安、恐怖などの「パニック発作」が突然襲ってくる病気です。恐怖のあまり、救急車を呼んでしまう場合もあります。 パニック発作を何回か経験すると、「また発作を起こすのではないか」という不安や、恐…

<精神>って、腎臓と心臓のことなのですよ!

はじめに 鍼灸医学は、一般に、難解であると受け止められています。なぜなら、 主張するほとんどのことが、現代科学で証明出来ないからです。 基本である、ツボや経絡の存在すらも証明出来ていません。 世界には、目に見える世界と、目に見えない世界の二つ…

健康な人は <頭涼足温> いわゆる<頭寒足熱>は、意味不明!

はじめに <頭寒足熱(ずかんそくねつ)>という言葉は、多くの人が見聞きしている言葉でしょう。 冷えのぼせ、で困っている人達にとっては、健康な体の状態を現す、大変有りがたい言葉として受け止められていると思います。 ところが、この<頭寒足熱>とい…

がんが簡単に消滅!<近赤外光線免疫治療法>が、もうじき登場! 未来は明るい??

はじめに 現在、がんの<近赤外光線免疫治療法>が世界の注目を集めています。 米国立がん研究所の小林久隆・主任研究員が開発した、画期的な、がん治療法です。 後述するように、<近赤外光線免疫治療法>は、がんを、転移がんも含めて安価に、しかも、通院…

<死ぬほど苦しい気管支喘息> 原因は肝臓と腎臓ですよ! そのメカニズム解説します

はじめに アレルギー疾患全体が増加しています。その中の一つである気管支喘息も増え続けています。気管支喘息は、全年齢に渡って発症する病気です。 1960 年代、気管支喘息の罹患率は大人も子供も約1 %でした。以前はまだ少なかったのです。最近の調査では…

<近視の青少年が急増!> 一体何故? 連れて「いじめ」も増えてますよ!

はじめに 近視の青少年が急増してます。2016年度の学校保健統計調査によれば、視力1.0未満の割合は小、中、高校生ともに過去最悪になりました。幼稚園児は28%、小学生は31%、中学生は55%、高校生は66%という急増ぶりです。 テレビゲーム機、パソコン、スマ…

<病気って一体何!?> 病気と腸内フローラの果たす役割は「人という種」を守リ維持すること

はじめに 地球上の生き物で人ほど多くの病気にかかり、苦しみ、死んでいく種は他に無いでしょう。 昔は人間がかかる一切の病気の数を、地、水、火、風の四百四病(しひゃくしびょう)と表現しました。 病気の数としては、その程度でさほど違和感を感じなかっ…

<眼瞼下垂(がんけんかすい)> 原因は肝臓とすい臓ですよ そのメカニズムを解説します

はじめに 片側、又は両側の上瞼(うわまぶた)を引き上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と動眼神経の働きが低下し、上瞼が下がってしまう状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。 重症筋無力症や脳梗塞のようなはっきりとした原因がある場合を除き、…

<顔面神経麻痺> 原因は肝臓とすい臓と胃ですよ そのメカニズムを解説します

はじめに ある日突然、片側の顔面筋の運動神経が麻痺し、顔の半分がが歪んでしまうという病気です。 患側の上瞼が閉じられない,口角が垂れ下がり、飲み物が漏れ出てしまう。又、音が大きく響いたり、味覚障害を伴ったりもします。 人に見せられないような顔…

イボと魚の目は熱の発散装置 何故出来る? 原因とメカニズムを解説します

はじめに 西洋医学ではイボと魚の目を以下の様に考えています。 イボは、ヒトパピローマウイルスに感染することが原因で出来る。 感染経路は不明。 魚の目は、足の平の皮膚のある一点に、長期間に渡って機械的刺激が繰りし加えられることによって出来る。 靴…

<痛くてつらい巻き爪> 一番の原因は肝臓ですよ 易の陰陽論と鍼灸医学で解説します

はじめに 巻き爪になる人が増えています。ほとんどの巻き爪は、足の親指に起こります。 爪の両端が巻き込んで肉に食い込んでしまい、とても痛くなります。 ひどくなると赤く腫れてきて、化膿する場合もあります。 そうなると歩くのも辛くて大変です。 西洋医…

<グルグル回るめまい> 原因は肝臓ですよ 易の陰陽論と鍼灸医学で解説します

◆はじめに 内耳の前庭にある耳石(ゼラチン質からなる耳石膜上に付着した0.3ミリ程の大きさの無数の石)が何らかの原因で耳石膜から剥がれ落ち、回転を感知する三半規管の中に流れ込むことによって起こるめまいを良性発作性頭位めまいと言います。 グルグル回…

<こむら返り> 原因は肝臓ですよ 易の陰陽論と鍼灸医学で解説します

はじめに 睡眠中や激しいスポーツ中などに、足のふくらはぎの筋肉が突然、収縮、痙攣を起こし、激しい痛みに襲われることが有ります。これを、こむら返りと言います。 痛みの強さの程度はこむら返りに較べれば軽度ですが、筋肉の収縮や痙攣は、太ももの後ろ…

<吐き気と吐く> 原因は肝臓ですよ 易の五行論と鍼灸医学で解説します

はじめに <吐き気を催したり吐く事がある。病院で胃腸、内耳、脳などを検査して も特に異常は見つからず、胃腸薬などを飲んでいるのだが、一向に良くなら ない>と言って困っている人がいます。 <吐き気や吐く>のを繰り返していると、だんだん心配になっ…

転移性胃がん、転移性大腸がん が無いのは一体何故?がん転移のメカニズムを解説します

初めに がんに罹る人、がんで死亡する人が急増しています。2016年の統計予測によると罹患数は、いよいよ100万人を突破し101万人に、また、死亡数は 37万人となってしまいました。 高額薬価 (2016年末現在、一人1年間の薬代約2,000万円)で話題になっている免…

免疫チェックポイント阻害薬<オプジーボ>は果たして がん患者の救いになるのか!?

はじめに がんに罹る人、がんで死亡する人が急増しています。 2016年の統計予測では罹患数101万人、死亡数37万人となっています。<がん大国日本>と言う言葉も時々目にするようになってしまいました。 高額薬価で知られる、免疫チェックポイント阻害薬、<…

ピロリ菌って本当に胃がんの原因?【私の鍼灸医学】で解説します

はじめに ピロリ菌とは1982年にオーストラリアの二人の医師によって発見された胃の中に生息する特殊な菌の略名です。 胃液はペーハー2の強酸性です。ピロリ菌が発見されるまで、このような強酸性の胃の中に細菌は生息出来ないと思われていました。 日本人の…

大腸ポリープはがんになり、胃ポリープはがんにならない、一体何故?そのメカニズムを解説します

はじめに がんにかかる人が急増しています。2016年の予測では年間の罹患数がいよいよ100万人を突破する事が確実視されています。検査技術の進歩も有り、早期発見が増えている事も原因の一つと言われていますが、それにしても、年間10 万人ずつも増加している…

大変怖いスキルス胃がん その原因 予防法 食事法を解説します

はじめに スキルスというのは硬いという意味で、スキルス胃がんとは<硬い胃がん>という意味です。 全胃がん中、約10%がスキルス胃がんと言われています。2015年推計の胃がん罹患数は133,500人ですから、スキルス胃がん罹患数は計算上13,350人ということに…

急増するアルツハイマー病 その原因 予防法 食事法を解説します

はじめに 認知症患者が急増しています。 厚生労働省によれば、2012 年の患者数が462 万人、65 歳以上の人の7人に1人が認知症です。 2025 年には、患者数が700万人に増加し、5人に1人が認知症になると予想されています。 認知症の30 ~40 %が脳の血管など…

左右で異なる腎臓がん その原因 予防法 食事法を解説します

初めに 2015年統計予測で、腎臓がんは罹患数で10 位(28,700人)、死亡数で11位(9,100人)となっています。 罹患数、死亡数共にそれ程高位では有りませんが、近年増加傾向にあります。 急増している人口透析患者(30万人超)が罹り易いがんでもあり、軽視す…

転移性脳腫瘍から分かる脳腫瘍の原因を解説します その予防法 食事法

はじめに 2015 年統計予測で、脳腫瘍は罹患数で20位(5,100 人)、死亡数で18 位(2,300 人)となっています。罹患数、死亡数共に低位ではありますが、近年やや増加傾向にあります。急増している認知症と同じ脳の病気であるだけに 、数が少ないからと言って…

過活動膀胱のメカニズムと 本当の原因、予防法、食事法を解説します

はじめに 病院に行って <急に尿意を催し我慢できずにトイレに駆け込む、間に合わずに漏れてしまう事がある> と訴えると 過活動膀胱 という病名が付くようになりました。 これまでに無かった病名です。最近、テレビコマーシャルなどに時々登場しますから、…

自律神経失調症と診断されたあなた 本当の原因 予防法 食事法を解説します

はじめに 様々な不定愁訴(動悸、不安感、不眠、朝起きにくい、微熱、吐き気、倦 怠感、息切れ、耳鳴り、イライラ、頭痛、生理不順など)があり、病院に行き検 査してもらっても、特に気質的病変や精神障害が無ければ、自律神経失調症と 診断されることが良…

怖い膵臓がんが急増! 何故? その原因 予防法 食事法

はじめに 膵臓がんが急増しています。罹患数で第七位(40,000人)、死亡数で第4位(33,000人)となりました。1985年頃に較べ、この20 年間に死亡数で約2倍に増加しています。生存率が際立って低いがんで、5年生存率が9パーセント、10年生存率が5パーセ…

 うつ病は身体から治さないと治りませんよ 五臓と精神、感情の関係を解説します

はじめに うつ病患者が年々増加しています。1999年 に44万人の患者数が2014年には112万人になりました。この15 年間で約2.5 倍に増加しているのです。 病院に行ってうつ病と診断されると、<気持ちが落ち込んでいるのだから、高揚させれば良いのだ>と言う…

大腸ポリープを切除すると肺がんが増えますよ!そのメカニズムを解説します

◆はじめに 大腸がんは罹患数で第一位、死亡数で第二位、肺がんは罹患数で第二位、死亡数で第一位になりました。どちらのがんも、近年急増しています。 2016年10月26日<KHKためしてガッテン 大腸がんにならないぞSP>で、大腸がんの多くを占める腺腫性…

肺がん 肺炎が急増! 肺に一体 何が起こっているの? その原因 予防法 食事法

はじめに 肺がんと肺炎で亡くなる人が急増しています。1980年頃と比較すると約3倍の増加ぶりです。 がん死の第一位が肺がんで、年間約8万人が亡くなっています。 肺炎は、死亡順位で、脳血管疾患を追い越し、心疾患に次いで第三位になり、年間約2 万…

肺がん、大腸がん が急増 ! 一体、何が起こっているの? その原因 予防法 食事法

はじめに がん全体が増加している中、肺がん、大腸がんが急増しています。罹患数で大腸がんが第一位(136,000人)肺がんが第二位、死亡数で肺がんが第一位(78,000人)大腸がんが第二位となってしまいました。1995年頃から増加の傾向目立ち始…

出血が何故起こる? その原因 予防法 改善法 食事法 を解説します

はじめに 人間の血管の長さは全身で10万km(地球2周半)あると言われています。皮膚と粘膜の直下や、大事な臓腑内部の血管は毛細血管になっています。 太い血管は単に血液を輸送する管として働いるのだけなのに対し、毛細血管は、物質の合成と輸送、体…

ニキビでお困りのあなたに 原因 予防法 改善法 食事法 を解説します

はじめに ニキビは思春期に発症し、12~18歳で悪化しやすい皮膚病です。成人に発症することも有ります。男性ホルモンであるテストステロン(女性でも卵巣内で産生される)の作用で皮脂腺の分泌が多くなり、毛穴が詰まって皮脂が溜まってしまい、中のアク…

片頭痛は肝臓ですよ 原因 予防法 食事法

はじめに 日本頭痛協会によれば、日本の頭痛患者は4000万人、そのうち片頭痛患者は840万人にのぼるとしています。女性患者が男性の3倍いるとされ、特に20~40代の女性に多いとしています。世界保健機構(WH0)によれば健康寿命を短縮する疾患の19位…

薬の飲み方解説します 飲むのが良いのか悪いのか

はじめに 体の具合が悪くなり病院に行くと、必ず何かしらの病名を付けてくれます。慢性病として通院しているうちに、新たな症状を訴えると、薬が追加されます。 これを繰り返しているうちに、いつの間にか薬が増えていってしまいます。そして、気が付いた時…

眉間のしわは脳の冷却装置 運勢と 原因 予防法 改善法

はじめに 眉間に しわ が有ると良く目立ちます。顔の中央部だけに尚更です。人相学では凶相に属します。陰気な感じになり、何か悩みや不安が有るのではないか、恐怖や怒りが有るのでないかなど、色々思われてしまいます。得する事は何もありません。運勢も下…

痛くてつらい口内炎 原因 予防法 食事法 

はじめに 口内炎は一旦できると治癒するのに1~2週間はかかるものです。その間食事をするのも、喋るのも、痛くてつらいものです。頻繁に出来る人は、考えただけでも憂鬱になります。 誤って口の中を噛んでしまう、疲れて免疫力が低下している、ビタミンが…